医学博士 槇殿順(1907.1.13―1969.12.17)

1907.01: 山口県熊毛郡田布施町にて出生
1934.03: 熊本医科大学(現 熊本大学医学部)卒業
1934.04: 熊本医科大学放射線医学教室入局、助手に採用。
1937.08: 熊本医科大学放射線医学教室退局、助手退職
1937.08: 広島陸軍病院、放射線科勤務(1937.7応召−1940.11除隊)
1940.04: 医学博士号取得(熊本大学)
1941.02: 広島市嘱託医に就任
1942.09: 広島市猿猴橋町で開業(1945.6応召−1945.8除隊)
1946.03: 旧施設の原爆被爆により、広島市愛宕町に仮設診療所開設
1947.07: 現在地(広島市猿猴橋町)に移転し、「槇殿放射線科」開設、院長。(日本で単科の放射線科医院として認可された最初の施設)
1952.11: 放射線医学研究会「レントゲンアーベント」を設立、その機関紙「日本放射線新報」の編集に参画
1954.04: 厚生省指定−広島物療専門学校を創設し校長に就任、並びに臨床医学放射線研究所開設、所長に就任。
1958.02: 広島医師会に「槇殿賞」を設定
1958.08: 広島市猫屋町に広島胃腸科診療所開設
1965.11: 日本医師会、最高優功賞受賞
1967.05: 広島市出汐町に槇殿出汐病院開設
その他: 1940年より存命中、広島市嘱託医として学童集団検診(胸部X線写真による健診)に奉仕した。西日本地区初の診療X線技師養成校設立は、多くの優秀な人材を送り出し、地域医療に大いに貢献した。1947年以降診療のかたわら、研究体制を確立し、日本医学放射線学会をはじめとする多数の学会で成果を発表した(論文多数)。とくに1954年2月広島医師会初の実地開業医特別講演者として発表した「回虫の生態並びに駆除」にたいしては、広島医師会第一回学術賞が与えられた。1965年9月には、第11回国際放射線会議(於ローマ市)において招聘講演としてライフワークである“Cancer immumity of irradiated tumor-bearing individuals and its clinical applications”を発表した。(この一連の業績によって日本医師会最高優功賞を受賞した。)
1969.12: 脳内出血にて急逝
関連資料: 後藤五郎編 日本放射線医学発展に寄与貢献せし物故者の略歴(日本医学放射線学会)、1975年2月

主な所属していた学会

1. 日本医学放射線学会/国際放射線学会
2. 日本癌学会
3. 日本癌治療学会
4. 日本内科学会
5. 日本外科学会
6. 国際外科学会
7. 国際胸部学会